総合人材サービスのパーソルグループで転職サービス「doda」などを運営するパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下「パーソルキャリア」)は、ソフトバンク株式会社やトヨタ自動車株式会社などの共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(モネ・テクノロジーズ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:宮川 潤一、以下「MONET」)の協力の下、個人がハイヤーで通勤しながらさまざまな企業とオンライン面談をし、キャリアの可能性を拡げる“HR×MaaS”実証プロジェクト「Showfar(ショーファー)」を、2020年12月22日から2021年春ごろまで実施します。これに伴い、実証プロジェクトへの参加者を、2021年2月末ごろまで募集します。募集の詳細は、下記の特設サイトをご覧ください。

なお、このプロジェクトは、ドライバーが不要になることで、車内に完全なパーソナル空間を創出することが可能になる自動運転時代を見据えて実施するものです。パーソルキャリアとMONETは、周囲を気にすることなく車内での時間を過ごすことを可能にする新たなモビリティサービスの実現を目指します。
※Human Resourcesの略で、人材の意味。

■特設サイト
https://pre-experience.showfar.jp

■「Showfar」の実証プロジェクトの概要
通勤時間を活用してさまざまな企業と気軽にオンライン面談をできる場を提供することで、個人のキャリアの可能性を拡げることを目的としたプロジェクトです。今後のキャリアについて悩みを抱えながらも、ゆっくりと考えたり、情報収集をしたりする時間がないという人に参加していただき、参加者がキャリアの可能性を拡げることができるかを検証します。なお、実証プロジェクトでは、参加者の費用負担はありません。

<3つの特長>
1. 毎週1回ハイヤーで通勤できる
週1回、自宅から勤務先までドライバーが運転するハイヤーで通勤できます。新型コロナウイルス感染症の影響下において、混雑した電車で通勤するストレスや不安を払拭し、ゆったりとしたシートで、リラックスしながら通勤できる環境を提供します。

2.通勤中にキャリアの棚卸しができる
ハイヤーでの初回の通勤時に、車内に設置したビデオ通話が可能な端末を使用して、遠隔地にいるパーソルキャリアの担当者がこれまでのキャリアについてヒアリングし、履歴書や職務経歴書の作成を代行します。また仕事に対する考え方や価値観などについてもインタビューを行い、その内容を「Showfar」の実証プロジェクトに参画する企業に提供します。

3.周囲を気にせずに企業とオンライン面談ができる
参加者に興味を持った企業と、通勤中にハイヤーの中でオンライン面談ができます。プライベートな空間で周囲の声や視線を気にすることなく、企業の担当者と話をして、キャリアの可能性を客観的に把握することができます。
※「Showfar」のサービス化については、実証プロジェクトの効果を検証後に検討します。
※パーソルキャリアやドライバーなどの関係者は、実証プロジェクトで得る個人情報・機密情報を、法令や国が定める指針などを遵守して取り扱います。
※新型コロナウイルス感染症の対策として、実証プロジェクトでハイヤーに乗車する参加者は、1台当たり1日に1人とし、降車後に毎回消毒を実施します。
※「Showfar」は特許出願済みです。
※企業向けの資料請求ページ: https://pre-experience.showfar.jp/business/


<両社の役割>
・パーソルキャリア:実証プロジェクトの実施主体、参加する個人・企業の募集、アプリ開発など
・MONET:実証プロジェクトの企画支援、車内のレイアウトを変更してさまざまな用途で活用できる「マルチタスク車両」の提供など
※「Showfar」の実証プロジェクトは、MONETが次世代モビリティサービスの推進と、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目的に運営する「MONETコンソーシアム」発の取り組みです。MONETは、「MONETコンソーシアム」の加盟企業を対象とした、MaaSの事業開発を加速するためのプログラム「MONET LABO」において、ワークショップやプロフェッショナル・メンターからのサポートなどを提供し、パーソルキャリアの事業開発を支援しています。

■「Showfar」の実証プロジェクトの実施背景
<新型コロナウイルス感染症の影響下におけるキャリア意識の向上>
近年、終身雇用制度の見直しや、「人生100年時代」への突入に伴い、キャリアの考え方についてさまざまな議論が交わされています。2020年は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、多くの人がVUCA(ブーカ)と呼ばれる予測困難な時代であることを実感する年になりました。こうした背景の下、人生やキャリア、働き方などについて悩む機会が増えていると考えられる一方で、キャリアについて省察したり、情報収集したりする時間を設けるのが難しい人が多くいるのが実情です。
※Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を組み合わせた造語

<通勤時間の有効活用による個人の可能性の拡大>
「Showfar」では、定期的に一定時間がかかる通勤に着目しました。NHK放送文化研究所が2017年に公開した「国民生活時間調査」によると、東京圏における1日の1人当たりの平均通勤時間は1時間45分で、仮に40年就労した場合、生涯で約1.9年(約1万6,800時間)を通勤に費やすことになります。そこでパーソルキャリアは、通勤中に企業と気軽に面談する機会を提供することで、個人のキャリアの可能性を拡げることを目指します。
※ NHK放送文化研究所『放送研究と調査』2017年6月号掲載(「東京圏の生活時間・大阪圏の生活時間」)https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20170601_6.pdf

<自動運転時代におけるパーソナル空間の創出>
自動運転時代には、ドライバーが不要になることで、車内に完全なパーソナル空間が創出されることが想定され、周囲を気にすることなく、車内で自身のキャリアについて話すことができるようになります。パーソルキャリアとMONETは、パーソナル空間の創出が可能な自動運転車両の活用により、これまでにないサービスや新たなライフスタイルを創出することを目指します。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援などのサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

■MONET Technologies株式会社について< https://www.monet-technologies.com/
ソフトバンク株式会社やトヨタ自動車株式会社などの共同出資会社であるMONET Technologies株式会社は、移動における社会課題の解決や新たな価値創出を可能にするモビリティサービスの実現に向けて、自治体や企業などと連携して各地でさまざまな取り組みを実施しています。また、モビリティイノベーションの実現に向けた『なかまづくり』の一環として、企業間の連携を推進する「MONETコンソーシアム」を運営する他、車内のレイアウトを柔軟に変更し、1台をさまざまな用途で活用できる「マルチタスク車両」や、乗客のパーソナルスペースの確保と換気に配慮した「パーソナルベンチレーションキット」、企業や自治体のMaaSの実現を支援するためのデータ基盤やAPIなどを備えた「MONETプラットフォーム」などを提供しています。

【実証プロジェクトへの参加・参画に関する問い合わせ先】
パーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス) Showfar運営事務局
URL:https://pre-experience.showfar.jp/contact/


【報道関係者からの問い合わせ先】
パーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス) 広報部
TEL:03-6757-4266 FAX:03-6385-6134 
E-mail:pr@persol.co.jp