転職サービス「doda」を提供するパーソルキャリア株式会社が運営する100万件の転職統計データを活用した求人要件作成支援サービス「HR forecaster(エイチアール フォーキャスター)」https://hr-forecaster.jp/ >は、職種×スキルの平均年収がわかるデータ「保存版ハンドブック スキル年収マップ」の提供を開始します。今回は、第一弾として、「企画・管理職偏」を2022年4月18日(月)に公開します。

■背景
労働人口の減少により労働力不足は今後ますます深刻化し、人材競争獲得は激化すると推測されます。こうした状況下で採用を成功に導くためには、市場のマーケットに即した適正な金額を提示することが重要なカギとなります。
しかし、職種とスキルを掛け合わせた年収がわかる統計データはなく、採用担当者は、これまでの経験や募集されている近しい求人情報を頼りに、採用時の年収を決定しています。そのため、求めるスキルを持つ人材に対して、企業が提示する金額が市場と乖離しているケースが多く、「募集はしたものの、人材が集まらない」「内定を出したが承諾を得られない」といった採用課題が多く聞かれます。
こうした課題を解決したいという想いから、今回、職種×スキルの平均年収が一目でわかる「保存版ハンドブック スキル年収マップ」を業界で初めて作成しました。

■「保存版ハンドブック スキル年収マップ」概要
~業界初、100万件以上の転職データを活用し、市場に即した職種×スキルの年収データを無料で提供~
「保存版ハンドブック スキル年収マップ」は、「HR forecaster」が、100万件の転職統計データを用いて作成しています。職種をひと括りにして算出された平均年収は、既に存在していますが、一つの職種でもスキルに応じた「職種×スキル」の平均年収を算出したのは、業界で初めてです。これにより採用担当者は、自社が求めるスキルを持つ人材の適正な年収を一目で把握することが可能となります。
また、データの精度を高めるために、キャリアアドバイザーがヒアリングを行い、職務経験やスキルレベルを確認したデータを活用。その上で、経験スキルごとにセグメントをして年収を算出しています。

今回は、第一弾として、「企画・管理職編」を無料で公開します。企画・管理職は、事業を進める上で必要不可欠な職種であるためコロナ禍でニーズが高まっています。一方、従事する人員の割合が低く、採用の機会も限定的であることから、ナレッジが蓄積されづらく適正な年収を把握しづらい職種でもあります。そこで、いち早く「企画・管理職編」を公開することで、企業の採用活動に貢献したいと考えました。

今後は、IT・DXで注目されている「ITエンジニア職」や、売上を創出する「営業職」のスキル年収マップを順次公開する予定です。

<「保存版ハンドブック スキル年収マップ」 イメージ>

■「保存版ハンドブック スキル年収マップ_企画・管理職編」について
・公開日:2022年4月18日
・掲載職種:人事・総務・法務・知財・内部監査・経理・財務・管理会計・内部統制・購買・物流・貿易・経営企画・事業企画・営業企画
・費用:無料

【申し込み】
以下より必要事項を記載のうえお申込みください。
https://form.hr-forecaster.jp/webapp/form/24315_fzjb_50/index.do
※競合サービスと思われる企業からの申し込みは本資料のご提供を控えさせていただく場合がございます

HR forecaster(エイチアール フォーキャスター)」について< https://hr-forecaster.jp/
「HR forecaster」は、「doda」が蓄積した100万件以上の転職データから作成した統計データを活用して、転職マーケットにマッチした採用ターゲットの作成を無料でサポートするサービスです。企業が作成した求人要件を「HR forecaster」の統計データで分析、採用難易度が可視化されることで、転職マーケットに即した適切な採用ターゲットに見直すことが可能です。これにより、採用成功率の向上や採用期間の短縮化を実現します。