総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」< https://doda.jp >は、2007年7月〜2019年6月の期間に、dodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約20万人の転職した年齢について調査を行いましたので、お知らせいたします。調査結果の詳細は、< https://doda.jp/guide/age/ >をご確認ください。

■【全体】転職成功者の平均年齢は31.7歳

2019年上半期に転職した人たちの平均年齢は31.7歳で、前回調査(2018年下半期)と同様の結果となりました。男女別では、男性の平均年齢は32.6歳と前回から0.2歳アップしましたが、女性は前回調査と同じく29.8歳でした。女性の転職年齢は、2007年の27.6歳から徐々に上がり続け、ここ3年ほど高止まりの傾向にあります。

■【年齢別】20代以下の転職者の比率が前回調査より1.0ポイント増加

年齢の内訳を見ると、最も割合が高いのは「25~29歳」の39.6%で、次いで「30~34歳」の23.1%、「40歳以上」の14.4%が続きます。前回調査と比較すると、「30~34歳」「35~39歳」の割合が下がりました。一方で「24歳以下」「25~29歳」「40歳以上」の割合が上がっており、転職者の数で比較しても増加しています。

■【職種別①】専門職系の転職年齢は34.4歳まで上がり、10職種中2番目に高い

職種別に見ると、「企画・管理系」(35.0歳)が前回調査に引き続き、平均年齢が最も高い結果になりました。また、2007年以降では「専門職系」(34.4歳)が「技術系(建築/土木)」(33.4歳)の平均年齢を初めて上回り、2番目に高くなりました。一方で、「技術系(建築/土木)」の平均年齢は2015年下半期の37.0歳をピークに下降傾向にあり、前回調査と比べ0.9歳下がりました。そのほかの職種については、前回調査とほぼ同様の結果となりました。

■【職種別②】営業職の転職は圧倒的に20代以下が多い

職種別に年齢の内訳を見ると、20代以下の割合が半数を超えたのは「営業系」「販売/サービス系」の2職種でした。特に「営業系」については61.5%と、前回調査から1.9ポイント増加しており、20代以下での転職が多い傾向が続いています。また前回調査において、20代以下と30代で12.8ポイントの差があった「企画・管理系」は、1.7ポイント差まで縮まっており、30代に次いで20代以下の割合も大きく伸びました。

■調査概要
2007年7月~2019年6月の間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約20万人のデータをもとに算出

■「doda」についてhttps://doda.jp
「doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガンに、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。