Information インターンシップ

さまざまな角度からパーソルキャリアの業務を体感することで、私たちのビジネスを広く・深く知るだけでなく、
今後の社会で必要な能力開発ができる機会を提供しています。

新規事業立案 4Days
「未来の事業家」育成インターンシップ

BRIDGE

事業創造人材に近づく4日間
「ヒト」に関わる分野であれば、どんな意志でも実現し得る当社のフィールドを存分に活用し、あなたが本気で取り組みたいテーマを起点に新規事業を創り上げる。

過去のプログラム例

  • 事前準備
  • オリエンテーション
  • DAY1:課題の設定、テーマ決定、コンセプトメイク、事業開発ノウハウインプット
  • DAY2:事業ドメイン決定、仮説構築・仮説検証、メンターからのフィードバック
  • DAY3:マネタイズモデル検討、ソリューション検討、メンターからのフィードバック
  • DAY4:企画書完成、プレゼン準備、経営陣に対する最終プレゼンテーション、フィードバック、総評
  • 事後フォロー(任意):提出いただいたビジネスプランのブラッシュアップ、新規事業に携わる社員からのフィードバック

過去の参加者の声

事業創造に限らず、今後ビジネスの場に出る際の思考法や着眼点を多く学ぶことができた。自分にとっては新鮮な学びとなり大変楽しかった。

(京都大学 K.R)

事業創造の経験はあったが我流でしかなく、今回のようにシートのプロセスに沿って考えていったことはなかったので、ビジネス創造の手順を学ぶことができた。また、自分の想いの強さが大事ということも学びだった。

(名古屋大学大学院 A.K)

企業に対しての事業提案や、インターンシップでチームで事業提案ワークをすることは多数あったものの、個人で本当にやりたいビジネスを考えるという機会はなかった。過去に断片的に学んできたフレームや考え方を体系化し、想いをビジネスにするという経験は大変貴重だった。

(東北大学 R.T)

さらに詳しくはこちら

次世代ビジネスリーダー創出
2DAYS 選抜型インターンシップ

Xross

成長企業のDNAを体感し、未来のパーソルキャリアの事業戦略を本気で描く。仲間たちと切磋琢磨しながら、リーダーとしての資質を見いだす。

過去のプログラム例

  • オリエンテーション:チームビルディング、当日に向けた資料の配布及びグループワーク
  • DAY1 グループワーク:グループワーク、中間プレゼンテーション、メンターフィードバック、組織開発ワークショップ
  • DAY2 グループワーク:グループワーク、メンターフィードバック、最終プレゼンテーション、懇親会

過去の参加者の声

リーダーシップの価値観やそれ以外の点でも自分の周りにはあまりいない優秀な方たちとチームんを組んで2日間必死に事業立案をするというとても貴重な経験ができた。

(京都大学 T.M)

自分の通用しない部分、足りない部分ととことん向き合い、チームに対してどんな貢献ができるか本気で考えることができた。

(上智大学 Y.N)

これまで参加したインターンシップのなかで、最もコミットすることができたと感じている。優勝はできず、悔しさが残るが、グループの仲間やメンターにで合えて本当に良かった。

(大阪大学 M.H)

さらに詳しくはこちら

企画×エンジニア 選抜型インターンシップ

Sprinters

Webサービス開発におけるすべての工程を体験できる、高速で駆け抜ける5日間。これからの「はたらく」をおもしろくするためのモノづくりを体感する。

過去のプログラム例

  • オリエンテーション: 事前インプット、テーマ発表、チームビルディング
  • DAY1 新規サービス立案: 問題を洗い出して課題を設定する
  • DAY2 新規サービス立案: 多くのソリューションをスケッチする
  • DAY3 現場の開発検証スピードを体感: 最高のソリューションを選び、アイディアを検証可能な仮説へ変える
  • DAY4 現場の開発検証スピードを体感: プロトタイプを完成させ、ユーザーテストをする
  • DAY5 現場の開発検証スピードを体感: 結果を共有する

過去の参加者の声

フレームワークを通じてサービス開発を行うことで、ニーズをぶらさずプロダクトを開発でき、身をもってパーソルキャリアのサービス開発の考え方を体験できた。

(東京大学 A.Y)

自分が作ったものをユーザーに使ってもらうところに開発のモチベーションを持っていたので、人間中心設計という考えにとても共感できた。デザインスプリントでリアルな顧客にインタビューできるのはとても良いと感じた。

(京都大学大学院 K.O)

問題の発見プロセスから、問題を解決するソリューションを考えるプロセスまで体系化されていた。効率的に新たなアイデアを開発できると感じた。

(大阪工業大学 T.N)

さらに詳しくはこちら
  1. TOP
  2. 採用情報
  3. インターンシップ